【 #ボードゲーム 】6 Nimmt!(ニムト)
a0227297_20380297.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
【概要】
・デザイナー:ヴォルフガング・クラマー/クラウス・パレシュ
・1994年
・推奨年齢:8歳以上/プレイ人数:2~10人対戦/プレイ時間:20~30分程度

【ルール】
カードには1から104の数字が書かれており、それらには牛の頭のマークが描かれている。
目的は『カードをなるべく取らないこと』であり、牛のマークの数がマイナス点となる。

ゲーム開始時、ランダムに手札として10枚ずつ配られ場には4枚のカードが並べられる。
場にはカードの列が4列並べられることになり、最初の4枚が4列のカードのそれぞれ1枚目となる。
(残りのカードは使わない。)
プレイに手番はないので、全員が手札から1枚選び伏せて場に出して同時に開く。
出したカードは小さい数字の人から場の4列のどれかにルールに従って並べる。
(それぞれの列の最後に場に置かれたカードのうち、手札の数字よりも小さくて一番近い数字の列に置く)
そして、いずれかの列の6枚目にあたるカードを出した人は、手札から出した1枚を場に残じ、それ以前のカード5枚を引き取ることになる。
また、最後に置かれたカードの数字よりも小さい数字を出した場合は、場にあるいずれかの列を全て引き取り手札から出した1枚を場に置くことになる。
引き取ったカードはあくまで『得点』(マイナス点ですが)なので手札とは別に置いておく。<重要
手札を使い切った時点でゲーム終了。(手札10枚なので10回)
マイナス点の少ない人が勝ち。
(カードに書いてある『牛マーク』の数がマイナス点)

a0227297_20382068.jpg
a0227297_20382307.jpg
a0227297_20382667.jpg




【感想】
シンプルなデザインのカード104枚、そして変な名前のカードゲーム。
正直、ルールを読んだだけでは「ん?七並べ?」とか思ってたんですよ…
ところがね、コレ結構駆け引き要素があって面白いんよ。
とりあえず1人で、3人プレイをやってみたのね…
(私以外の2人をランダムでカードを出していく方法で…)
まぁ~、面白かったね。(お店が暇なときにたまにやってたりするw)
1人で、しかもランダム対戦でコレだから対戦相手が駆け引きを考慮してきたら熱くなりますよ。

案の定、お店に来る子供たちにやらせたらどんどん友達連れてくるようになって、
カードを出すたびに「6枚目~!」とか「それ出すのかよ~」って悲鳴がお店にこだましてますw

ルールも1回一緒に遊んだだけなんだけどすっかり覚えてしまって楽しんでいるようです。

104枚のカードだけなので持ち運びも楽だしルールも簡単。
ちょっとした仲間の集まりでも充分楽しめます。(仲間の悲鳴が聞けますw)
何より10人までOKの懐の深さよw
この手軽さは私も大好きなゲームでおススメです。
ちなみに原題「6 Nimmt!」はドイツ語で「6枚とれ!」の意味とのこと。
(ドイツ語なんてやったことないので知らんけど)


[PR]
by srhiro001 | 2018-02-19 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)

◆DDO Unlimitedのギルド「No Dice No Life」   ◆DDONのクラン「Try & Error」
by srhiro001
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
【 #ボードゲーム 】For..
at 2018-11-16 09:00
【 #ボードゲーム 】Gob..
at 2018-11-09 09:00
【 #ボードゲーム 】PEN..
at 2018-11-02 09:00
【 #ボードゲーム 】TAG..
at 2018-10-26 09:00
【 #ボードゲーム 】DOM..
at 2018-10-19 09:00
【 #ボードゲーム 】Kel..
at 2018-10-12 09:00
【 #ボードゲーム 】Tro..
at 2018-10-05 09:00
【 #ボードゲーム 】グース..
at 2018-09-28 09:00
【 #ボードゲーム 】Sto..
at 2018-09-21 09:00
【 #ボードゲーム 】Hik..
at 2018-09-10 09:00