人気ブログランキング |
【 #ボードゲーム 】Seasons(十二季節の魔法使い)
a0227297_23544947.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
(やりたい事をやることでメダルを集める「仮面ライダーOOO」のグリードたち(アンクウヴァカザリメズールガメル)です。)

【あらすじ】
王国最高の魔術師たちが、伝説の¨十二季節の術闘¨の会場であるアルゴスの森に集まっています。
三年間の戦いの後、そこに身を投じた者達の中から、クシディット王国の新たなる大魔導師が選ばれるのです。
君も魔術師として、そこに参加する時です!
太古の魔法の道具を身につけ、傍らには最も忠実なる使い魔を召喚し、あらゆる至難に立ち向かいましょう!

【概要】
・デザイナー: Régis Bonnessée(レジ・ボネセー)
・2012年(日本語版:2013年)
・推奨年齢:14歳以上/プレイ人数:2~4人対戦/プレイ時間:60分程度

【ルール】
場の中央に「ゲームボード」(季節の進行が表示されている)と「クリスタルトラック」(現在のクリスタルの数が表示されている)を配置します。
各プレイヤーは「個人ボード」を受け取ります。
「個人ボード」には、「魔力リザーブ」「召喚ゲージ」「ボーナストラック」が表示されています。

第1ゲームフェイズ…序幕(カードをドラフトする)
各プレイヤーに9枚ずつ「パワーカード」を配ります。
配られた「パワーカード」の中から1枚を選び手元に置き、残りを左隣のプレイヤーに渡す。
(つまり右のプレイヤーから貰う事になります)

全てのカードを選ぶまで繰り返します。
(選んだカードを3枚ずつに分けて、1年目は手札として、2年目、3年目は、それぞれ脇に置いておきます)

第2ゲームフェイズ…トーナメント(ダイス選択)
「今の季節に対応したダイス」をプレイヤーの人数+1個振ります。
手番のプレイヤーから順にダイスを1個選び、手元に置きます。
(余ったダイスは、ラウンドの進行に使用します。)

●アクションを行う
①ダイスの効果を使用する(描かれているシンボルに応じた効果)

②場の「パワーカード」の効果を使用する(「使い魔の能力」「魔法道具の効果」)

③手札の「パワーカード」を使用する(「使い魔の召喚」「魔法道具の召喚」)
(①~③を好きな順で、プレイする事が出来ます。)

ボーナストラックの特殊効果を使用する(ゲーム終了時にマイナス点になりますが様々な恩恵を受けられます。)
(コストさえあれば何度でもアクションを行うことが出来ます。)

一通りアクションを実行したら手番終了を宣言して次のプレイヤーの手番となります。
全プレイヤーが手番を終えたら余ったダイスに書かれている「」の数だけ「季節キューブ」が進みます
「季節キューブ」が1周すると次の年となり2周目ならば「2年目」3周目ならば「3年目」のカードを手札に加えます。(1周12マス)

ダイスを場に戻し第2ゲームフェイズを繰り返します。

●クリスタル(得点)の集計
3年目の最終ラウンドが終わったら「場のパワーカードの名声」「手札のパワーカード」などの効果から「クリスタル(得点)」を集計します。
(手札に残っている使用されなかったパワーカードは失点(1枚毎-5点)となります)

もっとも「クリスタル(得点)」を集めることが出来たプレイヤーが勝利者となります。

※カードやダイスの効果などは割愛させていただきます。

a0227297_23544976.jpg
a0227297_23544991.jpg
a0227297_23544969.jpg
a0227297_23545082.jpg
a0227297_23545042.jpg
↑見えにくいですが、私が思う強いカード
更新を通知する





【感想】

このゲーム、かなり前に某ネット通販で見ていて、ずーーーーっと、遊んでみたーい!と思っていたんですよ110.png
(ちなみに私が見かけたときは1万円超えてました…最近、定価まで下がったので手に入れました。)

実際、手に取ってみて「コレイイジャナイですか!」ってなってしまいました。 <何故か片言
パワーカードや個人ボードに描かれているイラストもカッコいいしカワイイのですよ。
そして、何よりダイスの存在感たるや… <毎度ですみませんがダイスゲーム大好物なんですよ
※しかも特殊ダイスの上にちょっとデカイイ!ゴロっとしてる!

昔「マジック・ザ・ギャザリング」というカードゲームで遊んでいたのでカードの効果とかはそんなに苦労しませんでした。 <実はカードゲームも好物です
「ブースタードラフト」とか「ロチェスタードラフト」もやったことがあったのでドラフトのコツは分かるんですけど、なにぶん記憶力がアレなもんで…141.pngトホホ

この手のドラフトゲームでは、やっぱりカード同士のコンボとか、単体でも強いカードを選ぶのが定石なので初心者が勝つのは厳しいかもしれません。

しかし、遊べば遊ぶほどに「あ、コレとアレの組み合わせってイイんじゃない?」とか「あーコレ1枚あると安定してクリスタルが稼げる!」なんてカードが必ず見つかります。
そこがまた楽しいんよ111.png

ゲームの性質上、手札全部使う勢いでゲームが進行します。(使いきれないと失点ですからねぇ)
ドラフトが終わった時点でやる事の方向性が大体決まるので、サクサク手番が進むのさ。
そして、やる事が決まっているので、やれる事をドンドンやるというシンプルかつストレスフリーな感じも面白いのよ。
(まぁ、マナやクリスタルが足りないというストレス、ジレンマはありますが…)

カードドラフトで戦略性を、そしてダイスでランダム性を楽しめるので、ちょっとお得な感じがする逸品です。
イイ感じで手軽で、イイ感じで手応えもあり何度でも遊べます。つまりおススメなのです。



by srhiro001 | 2019-03-22 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)

◆DDO Unlimitedのギルド「No Dice No Life」   ◆DDONのクラン「Try & Error」
by srhiro001
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
(71)
(65)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)