人気ブログランキング |
【 #ボードゲーム 】Codenames:Pictures(コードネーム:ピクチャーズ)
a0227297_22385543.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
二人で力を合わせて事件の解決に挑む「仮面ライダーW」でございます。

【あらすじ】
地図に描かれている、この変なシンボルは何だ?
これは、スパイがエージェントたちとコンタクトを取る地点を示した暗号だ。
2人の敵対するスパイマスターは、各場所にいるエージェントを知っている。
彼らは秘密の会合を行う場所について、現場諜報員たちへ暗号で知らせなければならない。
諜報員たちは明晰でなければならない。
暗号を誤って解読すると、敵のエージェントとの不幸な遭遇に、最悪の場合暗殺者との遭遇につながってしまうのだ!
2つの組織は自らのエージェント全員とのコンタクトを競い、そして勝利をつかむのは1つの組織だけだ。

【概要】
・デザイナー:Vlaada Chvátil (ヴラーダ・フヴァチル)
・2016年(日本語版:2016年)
・推奨年齢:14歳以上/プレイ人数:2~4人チーム対戦/プレイ時間:15分程度

【ルール】
■ゲームの準備
「赤チーム」「青チーム」に分かれ、各チーム「現場諜報員」「スパイマスター」を決めます。
 ※必ず2人以上のチームに分かれてください。
「ピクチャーカード」を場に5枚を4段にして並べます。(合計20枚)
  □ □ □ □ □
  □ □ □ □ □
  □ □ □ □ □
  □ □ □ □ □

「キーカード」を1枚カード立てに刺して「スパイマスター」だけが見れるように置きます。
 ※「キーカード」には答えが書いてあります。

■ゲームの流れ
「赤チーム」「青チーム」で順番を決めます。

①チームの「スパイマスター」「ヒント」を出します。

・スパイマスター…ヒントを出す人です。
「キーカード」に表示されている「自分のチームの色」の場所にある「ピクチャーカード」を当てるためのヒントになる言葉1つを考えます。
その際に、その言葉が複数の「ピクチャーカード」のヒントとなっている場合は、その枚数も発言することができます。
※ヒントは常に単語1つだけでなければなりません。

②そのチームの「現場諜報員」「ヒント」を元に「ピクチャーカード」を指定して答え合わせをします。

自分のチームのエージェントのカードを選んだ場合「スパイマスター」は、
その「ピクチャーカード」の上に自分のチームの色の「エージェントカード」を乗せます
※このチームは引き続き他のカードの推測をすることができます。

「一般人の場所」(白)または「相手チームの色の場所」を選んだ場合は、
その「ピクチャーカードカード」の上に「一般人のカード」相手チーム色の「エージェントカード」を乗せます
このチームのターンはここで終了し、相手チームのターンになります。

「暗殺者の場所」(黒)を選んだ場合「スパイマスター」は、その上に「暗殺者のカード」を乗せます
 ゲームはここで終了となり「暗殺者」を選んだチームの負けになります。

以上を繰り返して、自分のチームの「エージェントカード」がすべて乗せられた時点で、そのチームの勝利となります。
※相手チームのターン中でも、そのチームが誤った推測をすることで勝利することもあります。

a0227297_22385584.jpg
a0227297_22385507.jpg
a0227297_22385527.jpg






【感想】
実は、これの前に「コードネーム:デュエット」(二人用)っていうので遊んだことがありまして…それだと「ピクチャーカード」が文字だけのカードだったんですよ。(ルールも若干違います)

それだと、ちょーっとヒントを考えるのが難しくてウンウン唸りながらヒントを出しておりました。
「ピクチャーズ」になったらちょっと楽なんじゃない?と思ったんですが…コレがやっぱり難しいのさ105.png

でも、意思が通じた時は「よっしゃっ!」ってなります。 <そこが醍醐味ですよ
(はからずも相手チームに通じてしまうこともあるけどね)

終わったあとに反省会をやりだすと思うんですけど… <私たちだけ?
それも、また楽しい…「なんでアレ選んだの?」とか「アレはコレのヒントだったんだけどなぁ…」とかね112.png

多少人数が多くてもチーム戦なので対応出来るのもイイ感じでおススメです。
慣れたら「ピクチャーカード」を「ガンダム」のカードや「ポケモン」のカードなどに変えて遊ぶのも楽しいと思います。

あ、「マジック・ザ・ギャザリング」のカードとか使っても面白そうだね
てか「アングルード、3枚」とか「パワー9、2枚」とかとか…ヒントを考えるのが、ちょーっと楽になるかも
※ちなみに「パワー9」は1枚も持っておりませんが「アングルード」は、ちょびっと持ってたりします。



by srhiro001 | 2019-04-12 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)

◆DDO Unlimitedのギルド「No Dice No Life」   ◆DDONのクラン「Try & Error」
by srhiro001
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
(71)
(65)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)