人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【 #ボードゲーム 】Dice Forge(ダイスフォージ)
a0227297_00035953.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
(サイコロのゲームなので「サイコ(ロ)ガンダム」でございます。)

【概要】
・デザイナー:Régis Bonnessée(レジ・ボネセー)
・イラストレーター:Biboun(ビバウウン)
・2017年(日本語版:2017年)
・推奨年齢:10歳以上/プレイ人数:2~4人対戦/プレイ時間:45分程度

【あらすじ】
おめでとう、そして、神々の領域へようこそ。

その勇気と知恵が、君を我らの元へと導いたのだ。

退屈を紛らせてくれる娯楽を常に求める神々は、英雄たちが半神になるべく競い合う壮大なトーナメントを開催せんとする!

この究極の報酬を手にするために、英雄たちは天空の島々で栄光に満ちた試練に立ち向かい、聖なる神殿で捧げ物をしながら、魔法のダイスの力を我が物としなければならない。

あとは、素晴らしいショーを演出してくれるだろう優れた英雄たちを見つけるだけだ。

【ルール】
■ゲームの準備
「島々ボード」(英雄の偉業カード)と「神殿ボード」(ダイスフェイス)を場に配置します。
「ラウンドトラックマーカー」を「1」の場所に置きます。
(プレイヤーの人数によってラウンド数が変わります)

各プレイヤーは「英雄の資産ボード」とプレイヤーカラーの「リソースマーカー」を受け取ります。
(最初の「リソースマーカー」位置は「英雄の資産ボード」の「0」の位置に置かれます)

各プレイヤーはプレイヤーカラーの「英雄コマ」1個を受け取り「スタート地点ポータル」に置きます。

各プレイヤーは「光のダイス」「闇のダイス」を1個ずつ受け取ります。

スタートプレイヤーは「スタートプレイヤーマーク」を受け取ります
(スタートプレイヤーは3ゴールド、2番手プレイヤーは2ゴールド、3番手プレイヤーは1ゴールド、4番手プレイヤーは0ゴールドを受け取ります。)

■ゲームの流れ
ステップ1:神の祝福を受ける
プレイヤー全員が同時に神の祝福を1回受けます。
 ・神の祝福…自身のダイス2個を振り、出た目を変えずにダイスを手元に戻す。次に、それぞれのダイスの出目の効果を適用する。効果の適用順は自身が自由に選ぶ。

●ステップ2:手番プレイヤーの援護の要請
 ・援護の要請…「援護型効果」を持つカードを持っているなら、手番プレイヤーは、自身の望む順番でこの効果を使用することができます。
  ※各カードの効果は1ターン中に1回のみ使用できます。

●ステップ3:手番プレイヤーのアクション実行
 手番アクションは以下の2つ、そのうちのどちらか1つを実行することが出来ます。

 ①ダイスの鍛造…新たなダイスフェイスを購入して、自身のダイスを改造します。
 
 ②英雄の偉業カードの購入…新たな「英雄の偉業カード」1枚を購入します。
  ※自分の「英雄コマ」を、選んだカードが配置されている「島のポータル」に移動させる。
   この時、他のプレイヤーの「英雄コマ」が同じ場所にある場合「押し退ける」事になります。
   ・押し退ける…既に他プレイヤーの英雄コマが置かれている場合、その相手の「英雄コマ」を「スタート地点ポータル」まで強制的に移動させる。そして、ただちに、その相手プレイヤーは神の祝福を1回受ける。

●ステップ4:手番プレイヤーの追加アクション
 ・追加アクション…毎ターンに1回だけ「太陽の欠片」を2つを消費することで「ダイスの鍛造」もしくは「英雄の偉業カードの購入」のどちらか1つを追加アクションとして実行できます。

すべてのステップを実行したら、手番プレイヤーのターンは終了し、次のプレイヤーが新たな手番プレイヤーとなります。

プレイヤー全員がターンを終えたらラウンドは終了します。

ラウンドトラックマーカーが1マス進み、新たなラウンドが開始されます。
※最終ラウンドが終了した場合にはゲームが終了します。

ゲームが終了したら得点計算が行われます。
各プレイヤーがゲーム中に獲得した栄誉ポイント1につき1勝利点を獲得します。
最も勝利点の合計値が高いプレイヤーが勝者です。

※カードの効果や細かいルールは割愛させていただきます。
a0227297_00014179.jpg
a0227297_00014162.jpg
a0227297_00014169.jpg
a0227297_00014141.jpg
ダイスフェイスを取り外す道具として100均でお弁当用の楊枝を使っております。
(先の尖っているところをハサミで切って平らにしてあります。)


【感想を見る】
by srhiro001 | 2019-04-26 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)
【 #ボードゲーム 】はぁって言うゲーム
a0227297_13264213.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
ゲームのお題に「寝顔」っていうのがあるので「カービィ(スリープ)」でございます。

【概要】
・デザイナー:米光一成
・2018年
・推奨年齢:8歳以上/プレイ人数:3~8人対戦/プレイ時間:15分程度

【あらすじ】
今言った「はぁ」は、怒ってる「はぁ」? とぼけてる「はぁ」? それとも、感心してる「はぁ」?
与えられたお題を、声と表情だけで演じて当て合うカードゲーム!

【ルール】
「お題カード」を1枚選びます。
(お題は「セリフ」または「表情」とA~Hまでのシチュエーションが書いてあります。)

例:お題:セリフ「はぁ」
シチュエーションは
A:怒りの「はぁ」
B:とぼけの「はぁ」
C:感心の「はぁ」
などなど

「アクトカード」(A~H)を配り各プレイヤーにお題のシチュエーションを割り当てます。
各プレイヤーは自分に与えられたお題を声と表情だけで演じ、他のプレイヤーはどのお題を演じているか投票します。
全プレイヤーの演技が終わったら正解を発表します。

正解の場合…投票者と演技者の両方に得点が入ります。

何回か繰り返し最も得点が多いプレイヤーの勝ちとなります。
a0227297_13264251.jpg
a0227297_13264256.jpg
a0227297_13264313.jpg


【感想を見る】
by srhiro001 | 2019-04-19 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)
【 #ボードゲーム 】Codenames:Pictures(コードネーム:ピクチャーズ)
a0227297_22385543.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
二人で力を合わせて事件の解決に挑む「仮面ライダーW」でございます。

【あらすじ】
地図に描かれている、この変なシンボルは何だ?
これは、スパイがエージェントたちとコンタクトを取る地点を示した暗号だ。
2人の敵対するスパイマスターは、各場所にいるエージェントを知っている。
彼らは秘密の会合を行う場所について、現場諜報員たちへ暗号で知らせなければならない。
諜報員たちは明晰でなければならない。
暗号を誤って解読すると、敵のエージェントとの不幸な遭遇に、最悪の場合暗殺者との遭遇につながってしまうのだ!
2つの組織は自らのエージェント全員とのコンタクトを競い、そして勝利をつかむのは1つの組織だけだ。

【概要】
・デザイナー:Vlaada Chvátil (ヴラーダ・フヴァチル)
・2016年(日本語版:2016年)
・推奨年齢:14歳以上/プレイ人数:2~4人チーム対戦/プレイ時間:15分程度

【ルール】
■ゲームの準備
「赤チーム」「青チーム」に分かれ、各チーム「現場諜報員」「スパイマスター」を決めます。
 ※必ず2人以上のチームに分かれてください。
「ピクチャーカード」を場に5枚を4段にして並べます。(合計20枚)
  □ □ □ □ □
  □ □ □ □ □
  □ □ □ □ □
  □ □ □ □ □

「キーカード」を1枚カード立てに刺して「スパイマスター」だけが見れるように置きます。
 ※「キーカード」には答えが書いてあります。

■ゲームの流れ
「赤チーム」「青チーム」で順番を決めます。

①チームの「スパイマスター」「ヒント」を出します。

・スパイマスター…ヒントを出す人です。
「キーカード」に表示されている「自分のチームの色」の場所にある「ピクチャーカード」を当てるためのヒントになる言葉1つを考えます。
その際に、その言葉が複数の「ピクチャーカード」のヒントとなっている場合は、その枚数も発言することができます。
※ヒントは常に単語1つだけでなければなりません。

②そのチームの「現場諜報員」「ヒント」を元に「ピクチャーカード」を指定して答え合わせをします。

自分のチームのエージェントのカードを選んだ場合「スパイマスター」は、
その「ピクチャーカード」の上に自分のチームの色の「エージェントカード」を乗せます
※このチームは引き続き他のカードの推測をすることができます。

「一般人の場所」(白)または「相手チームの色の場所」を選んだ場合は、
その「ピクチャーカードカード」の上に「一般人のカード」相手チーム色の「エージェントカード」を乗せます
このチームのターンはここで終了し、相手チームのターンになります。

「暗殺者の場所」(黒)を選んだ場合「スパイマスター」は、その上に「暗殺者のカード」を乗せます
 ゲームはここで終了となり「暗殺者」を選んだチームの負けになります。

以上を繰り返して、自分のチームの「エージェントカード」がすべて乗せられた時点で、そのチームの勝利となります。
※相手チームのターン中でも、そのチームが誤った推測をすることで勝利することもあります。

a0227297_22385584.jpg
a0227297_22385507.jpg
a0227297_22385527.jpg




【感想を見る】
by srhiro001 | 2019-04-12 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)
【 #ボードゲーム 】Exploding Kittens(こねこばくはつ)
a0227297_13205940.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)
(猫のゲームということで、ネコ型ロボットの「ドラえもん」です。)

【あらすじ】
これはいわばUNOのようなゲームだが、
ちょっと違うのは、山羊、魔法のトルティーヤ、
あなたを殺そうとするネコなどが出てくる点だ。
―― CNN

このゲームは、以下のような人にピッタリです。
・子猫や爆発が好きな人
・レーザー光線が大好きな人
・山羊に興味がある人

「こねこばくはつ」は、子猫成分と戦略性をアップした一種のロシアン・ルーレットです。
プレイヤーたちは、誰かが《こねこばくはつ》カードを引くまで順にカードを引き続けます。

これを引いたプレイヤーは爆発して死亡し、ゲームから脱落します。
そのプレイヤーが、おなかを撫でたりレーザーポインターやマタタビサンドイッチ等を使って子猫の気をそらすことができる、
《爆弾処理》カードを持っていないかぎりは。

デッキ内の全てのカードを駆使して、爆発する子猫を移動させ、危険を小さくして、爆発を回避しましょう。

【概要】
・ゲームデザイン&アートワーク:Matthew Inman(マシュー・インマン)Elan Lee(エラン・リー)Shane Small(シェーン・スモール)
・2018年(日本語版:2019年)
・推奨年齢:7歳以上/プレイ人数:2~5人対戦/プレイ時間:15分程度

【ルール】
■ゲームの準備
「こねこばくはつ」カードと「爆弾処理」カードを除いたカード全てをよく混ぜ各プレイヤーに7枚ずつ配ります。
その後、「爆弾処理」カード1枚ずつ配ります。(最初の手札は8枚となります。)

残ったデッキ(山札)に、プレイヤー人数より1枚だけ少ない「こねこばくはつ」カードを加えてよく混ぜます。
(つまり勝者は1名なのです。)

■ゲームの流れ
①自分の手番では「手札のカードを使用する」「何もしない」事を選びます。
※使用したカードは、場に置いて効果を解決します。
(手札のカードは何枚使っても構いません。)

②山札の一番上のカードを1枚引きます。
※この時「こねこばくはつ」だった場合「爆弾処理」を持っていなければ即座に脱落となります。

次のプレイヤーの手番となります。

以上を繰り返して最後まで残っていたプレイヤーが勝利者となります。

■カードの効果
「爆弾処理」…あなたがたった今引いたカードをこっそりデッキにもどす。
 デッキ(山札)に戻す時は、他のプレイヤーに見られないようにどこに入れても構いません。(つまり、一番上に置いても良いのです。)

「ダメ!」…他のプレイヤーのアクションをキャンセルする。あなたはこのカードを何時でもプレイしてよい。
「こねこばくはつ」「爆弾処理」には使用できない。

「スキップ」…カードを引かずにあなたのターンを終了する。

「アタック」…カードを引かずにあなたのターンを終了する。次の手番プレイヤーに強制的に2ターンを行わせる。

「いいね」…プレイヤー1人は自分のカードから1枚選んであなたに渡さなくてはならない。

「シャッフル」…山札をシャッフルします。

「予知能力」…山札の上からカード3枚を自分だけ見る。

「ねこ」…これは<ねこ>カードであり、これ自体は何の効果も持たない。
 同じ種類の2枚をペアでプレイすることにより、他のプレイヤーからランダムにカード1枚を奪う。
a0227297_13191675.jpg
a0227297_13191625.jpg


【感想を見る】
by srhiro001 | 2019-04-05 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)
  

◆DDO Unlimitedのギルド「No Dice No Life」   ◆DDONのクラン「Try & Error」
by srhiro001
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
タグ
(71)
(65)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)