人気ブログランキング |
タグ:ケルト ( 1 ) タグの人気記事
【 #ボードゲーム 】Keltis(ケルト)
a0227297_11435289.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)

【概要】
・デザイナー:Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)
・2008年
・推奨年齢:10歳以上/プレイ人数:2~4人対戦/プレイ時間:30分程度

【ルール】
「ボーナスタイル」を裏返してよく混ぜゲーム盤の灰色のマスと10点のマスに配置します。
※配置後、表向きにします。
「カード」をよく混ぜ各プレイヤーに8枚ずつ配り残りを山札とします。
各プレイヤーはコマの色を決めてゲーム盤のスタート位置に配置します。
プレイヤーは小さいコマ4個と大きいコマ1個を持ちます。
※大きいコマはゲーム終了時の進行具合で獲得する得点が2倍になります。
 マイナス点だった場合も2倍になるので注意!

最近アイルランドを訪れたプレイヤーからゲームを始めます。
アイルランドを訪れたプレイヤーが居ない場合は年長者からゲームを始めます。
その後の手番は時計回りに進めます。

①手番プレイヤーは手札から1枚カードを出す、または1枚捨て札とします。
 ・カードを出す際のルール
  ・色ごとに分けて出します。
  ・2枚目以降は昇順降順でしか出せない※1枚目は何を出してもOK)
   (数字は飛ばしてもOK、しかし後から間の数字を出すことは出来ない)

 ・捨て札は、全プレイヤー共通です。
  各色ごとに山を作り一番上のカードのみ補充の際に引くことが出来る。
  ※誰が捨てたカードを引いても構いません

②出したカードと同じ色のコース(列)にあるコマをゴールに向かってコマを1マス進めます。
(スタート地点は0点ですが、3マス目まではマイナス点なことに注意!)
※全ての色を進ませる必要はありません。ある色をずっとスタート地点に置いておくのも作戦としてアリです。


③「ボーナスタイル」がある場所に止まった場合はそれぞれ以下の処理をします。
 ・「願い石」:タイルを獲得し、獲得した枚数により得点が増減します。
   0枚:-4点、1枚:-3点
   2枚:+2点、3枚:+3点、4枚:+6点
   5枚以上:+10点

 ・「クローバー」:コースに出ている好きなコマを1マス進めることができます。※タイルはそのままです。
  (進めたコマがさらに「タイル」を獲得した場合繰り返します。)

 ・「数字」(得点):ただちに書いてある数の得点を獲得します。※タイルはそのままです。

④手札のカードが8枚になるように「山札」または「捨て札」から引きます。

以上を繰り返し、ゲーム盤の6点以上のマスにコマが5つ入った場合 ※誰のコマかは関係ありません。
(ボーナスタイルの効果は適用されません)
もしくは、山札が全てなくなった場合にゲーム終了となります。

得点計算をして合計得点が多い人が勝利者となります。

a0227297_11435155.jpg
a0227297_11435258.jpg
a0227297_11435134.jpg
a0227297_11435261.jpg


【感想を見る】
by srhiro001 | 2018-10-12 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)
  

◆DDO Unlimitedのギルド「No Dice No Life」   ◆DDONのクラン「Try & Error」
by srhiro001
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
(71)
(65)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)