人気ブログランキング |
タグ:ピロス ( 1 ) タグの人気記事
【 #ボードゲーム 】PYLOS(ピロス)

a0227297_07174662.jpg
※一緒に移っている人形は、ゲームの付属品ではありません。(私の趣味です)


【あらすじ】
盤上をピラミッドに見立て、2種の玉を積み上げていく「ピロス」。
簡単に見えて難しく、見た目も美しいことからさまざまな国でプレイされている。
初期配置や並べ方によって手持ちの玉の数が変わってくる。
勝利するには相手の動向を読むのが肝心。
適当に置いているとみるみるうちに相手側有利になる。
それが「ピロス」の怖いところであり面白さでもある。


【概要】

・デザイナー:David G. Royffe(デビッド・ロイフェ)
・1994年
・推奨年齢:8歳以上/プレイ人数:2人対戦/プレイ時間:10分程度


【ルール】

白と黒各色15個ずつの玉とボードを使います。
それぞれ自分の色の玉を15個ずつ持ちます。
白色の玉を選んだ参加者が先攻、黒色の玉の参加者が後攻です。
先行はボール置き場(ストック)から手玉を取り、ボード上の4×4(16マス)のどれかひとつに玉を置きます。
後攻もボール置き場(ストック)から手玉を取りボード上に置きます。
これを順番に繰り返します。

ボードの上に四角く玉が置かれた場合3つの選択が出来ます。(色関係なく2個×2個)
 ①ボール置き場(ストック)から新たに手玉を取り、ボード上の空きマスに置く。

 ②ボール置き場(ストック)から手玉を取り、四角(4個の玉)の上に置く。

 ③既にボード上へ置いた自分の色の玉を再利用し、四角形の上に置く。
  ただし、再利用した玉は一段上にしか置けない。
  また、ピラミッドの支えになっている玉は再利用できない。
  (上に玉が乗っている場合等)

自分の玉だけで四角(2個×2個)を作った場合、ボード上の自分の色の玉を2個までボール置き場(ストック)へ戻すことが出来る。
四角を作ってすぐにその玉を戻しても構わない。
また、四角が2つ以上同時にできても、戻せる玉は2個までです。

ピラミッド頂点へ玉を置いたプレイヤーが勝利者となります。
また、ボール置き場(ストック)から玉がなくなり、ボード上の玉も戻せなくなったプレイヤーはその時点で敗北となります。

a0227297_07175158.jpg
a0227297_07175488.jpg
a0227297_07175734.jpg



【感想を見る】
by srhiro001 | 2018-07-23 09:00 | ボードゲーム | Comments(0)
  

◆DDO Unlimitedのギルド「No Dice No Life」   ◆DDONのクラン「Try & Error」
by srhiro001
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
タグ
(71)
(65)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)